美術館て何年ぶりだか

なーんかなあ~~ひっさびさに髪型でも変えたいなあ~~って美容室クーポン目当てにホットペッパーを眺めていたら、写真展の情報が目についた。

割とチェックはしてるんだけど、地元の美術館てそうたいした展示会ってやってなくて、でも今回は「すごく観たい!!」って思って、さっそく行ってきた休日の午後でした。

県の施設は障害者手帳見せるとタダだったり割引になったりする。
実際タダでした、大人800円なんだけどね。
ま、ビミョーにお得である。

で、こんなのを観てきた。
d0087570_22474717.jpg


ドイツって何かとアタシの中では興味深い歴史がある国だ。
この人はアニー・リーヴォヴィッツにも似てるなって思った。
写真はほとんどがモノクロだった。
ダルメシアンがたくさん出てきてて、ああモノクロだと引き立つよねえ~~って帰ってからパンフ読んだらそれはヤギだった(泣笑)
白ヤギさんとか黒ヤギさんがいたらブチヤギさんがいてもおかしくねーよな^^

すっごくいい!!って思ったのが、「マウアー公園、ミッテ地区」。
女のコが思いっきりブランコこいでるヤツで、後ろに行く頂点でほとんど逆さんなってて顔が下向いてて髪がめちゃめちゃなびいてんの、至福の狂気みたいなイッちゃってる笑顔。

あと、「脳の洗濯(実験室)」。
アタシの趣味を知ってるヤツは(ああ好きそーだよね^^;)って絶対言う(笑)
やったー、こんなんがあるだけでこの人と通じるもんがあるぜ、って嬉しくなった♪
青くて汚いタイルの部屋で変な機械(わざとらしいくらいテキトーな)に囲まれて、おばあちゃんが美容院のかぶるヤツみたいなのして杖ついて座ってて、明かりがまた曲がった蛍光管でシュール。

そう、この人の作品はシュールさが入ってる、だからいい。

自分ち焼けてるのにぼけーっとしてるおじいちゃんとかさ(泣)

そんで。

「ランバザンバ」ベルリンの知的障害者と文化創造のための芸術工房「日時計」の演劇集団。
コレは名前と顔写真がズラッと並んでるだけで、みんな衣装着て舞台メイクしてるんだけど、やっぱどっかしか崩れていて、あ、このコダウン症だなとかぐらいはわかったけど、シンクロしそーな人はいなかった。いなくてよかったけど(泣)こーゆーので波長みたいなのが合っちゃうとなんか脳裏に焼きついてめんどくさい・・・なんて書いてごめんね、あるんだよどっかでなんかさ。

ズィビレは障害者に敬意を表しているって書いてあったけど、それ自体、呼ばれて来ちゃったよって感じがして、うん、って思った。

あんまし考えこまないうちに切り上げて、気分直しに猫のポストカードとか買う^^

店ちゃっちいし~~~、学生の頃は東京で片っ端から美術展行ってて、ラストにはその展示してあったポストカードとか必ず売ってて、気に行ったヤツ数枚買って帰ってたんだけど、なんだかお高い画集と地元関連のヤツと趣味悪い工芸品みたいなのしか置いてなくてガッカリ。

帰りついでにモノクロ数枚撮りました、フツーすぎです。
d0087570_23533531.jpg

d0087570_23535124.jpg

d0087570_2354632.jpg

d0087570_23541478.jpg
d0087570_23542446.jpg

[PR]

by binbosdon | 2011-01-23 23:54  

<< 俺の場所・・・ 初雪 >>